死闘、その②!!「めぶと」33 匹83円!

みなさんに、聞いてみたいな~と思うことが。

「子どもに骨付きの魚、食べさせてますか?」
「地物の小魚料理は、どおですか?」

※※※


きんじょの生協のお魚コーナーは「じもとの旬の魚」が豊富に並んでいます。

見たこともない魚がいっぱいで、それも安い!旬のものを集めて売ってある生協に、敬意♪



でも
「敬意」

はあるものの・・・・・・・・お店に行くのが、お仕事あがり後の5時半~6時・・・・・・・

疲れ切っているワタシは「たらの西京漬け」とか「鮭のパン粉まぶし」とか、全く料理せんでいいじゃんか!
的なものばかり買ってしまう。

よくて「ブリの切り身」・・・・・・・あ、これも、切り身だね。

切り身ばかり食べさせてると、こどもが、「魚」ってどーゆーもんか知らずに食べて、そのまま大きくなりそう。

こわい~!

でも、時間がないし、、、、疲れモードのアラフォーわたしは、「形」がわかる魚を料理せずに

半年?1年?・・・・・このまま大人まで育ててしまいそう!



日本では、網にかかった魚でも、「大きくて」「揃った」魚以外は、廃棄されているらしい、、、。

その量はすごくて、家畜の餌とかにもしにくくて、捨てるしかあまり方法はないらしい。

↑こんなハナシをランチ時に同僚としてた、、、、、、


そんな「捨て」たら、もったいないじゃんかぁ~★



こどもらの時代は絶対「食料難」時代になるから、魚回帰の時代になると見た~

とか、アタマではわかるんだけどね、、、、


と、思ってたら、その日の夕方、「ねぶと」ちゃんが見切りで165円の半額!83円か!
「夏の味覚」

とも書いてある・・・・・

「うっ!ママ、がんばってみるわ!!!!」・・・・・恐る恐る、買い物かごへ・・・・・・・・・・

「鯵の南蛮漬けと一緒でいいよねぇ♡」と、料理本のページをひらいて、やってみる。


・・・・・鯵と違うじゃんかぁ!!!!!!!顔、デカ!
c0100600_16413067.jpg

いちいち、これ、「内臓とる」の?全部ぶっこみでから揚げにしちゃだめ?

びびりながら、生協のお魚コーナーに電話をして、「ねぶと」の下ごしらえの方法を聞いてみた。

すると

「アタマを手で引きちぎっていただくと、内臓も一緒についてきますから!」
と親切なお答えが!

んが、「アタマをちぎる・・・・?」・・・・恐い!

「ちぎらなきゃ、ダメですか・・・・」

「ちぎらないと、あとから、口から骨を出すようになると思いますよ。鯵よりアタマの骨が固いんです」

くぅ・・・・・「ねぶと」はやっぱりハードルが高すぎた!!!若イカにしときゃ~よかった!!!
c0100600_16413043.jpg



流しで、「しご」「じご」・・・・広島弁での『魚のした処理』って、どっちを言ってたっけ?


ああ、ひとつ、首を折った・・・・時点で、倒れそう。。。。

わたし、ホラー系が苦手というか、テレビとかで「痛そう」なシーンが出たら、ほんとに自分も痛い気がするくらい弱虫で、

「ねぶと」1匹、首を折るたんびに、、、、、「ぎゃ・・・・・・・ぁ」って恐怖感!

33匹目には、

ほんとーーーーーーーーーーーーに顔から血の気が引いているのがわかった!


思わず、洗面所に顔色見に行ったら、「蒼」かったもん。青いかおの自分、はじめてみた。

倒れそうにもなりながら、南蛮漬けを処理して、揚げ油に投入したところで

ムスメの「トイレ汚しちゃった♡」発言を聞く・・・・・(ブログの2個前の記事・・・見てみてください。悲惨です)

魚で死にそうになっていたときに、さらに追い討ち!

ママは、もう、死にそうです。

お魚の料理は、こんどは「見切り」は狙わずに、ゆとりのあるときに、「こいわし」(ねぶとに比べりゃ、格段に簡単そう!)

にチャレンジしようかと。。。


翌日、職場に持っていってみた♡(こどもが案の定、喜ばなかったので!!)
c0100600_16413096.jpg

職場女子には「美味しい♡」と言って貰えました♪

でも、みんな、働く女子・・・・この手の料理は・・・・・・やりたくても、やれん!と言ってました。


そーよねー、どーしたもんかいねぇー(広島弁)広島ブログ



小魚問題、よいレシピあるかた、教えてくださーい♡
[PR]
by maresara0310 | 2009-07-16 16:41 | ウチごはん
<< やっぱ…B 級♪「釜たま」ラー... 楽しかったよ・・・♪マーティン... >>